背徳美人妻の棲む館 第十一章 ~来訪~
突然、佳祐の部屋のチャイムが鳴った。約束でもしていない限り、日曜日のこの時間に友人が訪ねてくることはない。寝癖のついたボサボサの髪の毛を手櫛で直しながら玄関先へと向かう佳祐の耳に、ドアの向こうからよく通る女性の声が聞こえてきた。「あの~・・・こんにちは~・・先日、隣に引っ越してきた者ですけど~・・・ご挨拶にお伺いしました~・・・」

a

a

PAGE TOP