背徳美人妻の棲む館 第十二章 ~畏服~
佳祐は大きく息を吸い込むと、意を決したようにカチャリと鍵を開けて玄関のドアを開いた。甘い女性の香りが、玄関先から吹き込んできて佳祐の鼻を擽った。透き通った可愛い声と満ち溢れる笑顔・・・この目の前に佇む綺麗な女性があんな淫らな声を上げて喘いでいたのか・・・まさか、次はこの俺が標的?…まさか…。

a

a

件名(必須)
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
メールアドレス(確認用)
メッセージ(必須)

上記フォームがうまく動作しない場合は、info@h-bijinkan.comまで

PAGE TOP